こころ
c0085658_1232727.jpg
「生んでくれてありがとう」ってお母さんに言った日。

「生んだのは私だけど、育てたのは安西さんだよ」

「おまえは、だんだん安西さんに似たこと言うね」

「寂しくて、どうしょうもなくなったら、その中の安西さんに聞いてもらいなさい・・・」


辛いことは記憶から消した夏でした。
何度も話しかけました。そして何度も答えてくれました。

乗り越えれるわけもなく 鈍感なふりして、月日は流れていきます。


「会いたい!!」って叫びたくなる日がある。

5年がたったけど・・・安西さん まいったな。
by cafe-shibaken | 2015-08-19 20:49 | やさしい人たち
<< 見えますか・・・ シバケンランチメニュー >>