色々 あります
c0085658_1639355.jpg

この花びらが幾重にも重なった素敵な花
この子は、もうじき母の日。その日が主役の「カーネーション」です

めずらしい 青系のカーネーションムーンダスト

濃い紫色のカーネーションは「プリンセスブルー」
淡い紫のカーネーションは「ライラックブルー」

各50本限定で入荷しました

カーネーションは、もともと とても日持ちの良いお花。
これからの暑くなる季節にも お花を長く楽しむことができますね
[PR]
by cafe-shibaken | 2007-05-10 16:48 | 野の花屋 | Comments(4)
Commented by さくたい at 2007-05-11 17:04 x
ムーンダストにプリンセスブルー、それにライラックブルーですね。

紫なのに名前はブルーなんですね^^
やはり花の世界は奥が深い。
Commented by cafe-shibaken at 2007-05-11 21:30
★さくたいさん、そうなんです。どうみても紫色に見えますが、ブルーなんです。
サントリーが開発した青色の色素をもつ世界初の青いカーネーション。
「月の光をイメージしてつくられた」幸せの青い花・・・。
とってもロマンチックです。
Commented by kei at 2007-05-11 23:27 x
国立科学博物館で 今展示されているお花でしょうか?
私の憧れの Blueroseも展示されているようなので見てみたいと思っていたところでした。

野の花屋さんで 青系のすばらしい色のカーネーションを拝見しました。
それは初めて見る色の花(^^)
昔は赤と白しかなくて 子供心にもなんだかせつない日でした。
こんな幸せのカーネーション いいですね♪
きっとたくさんの嬉しい笑顔が母の日にあるんでしょうね~!
Commented by cafe-shibaken at 2007-05-14 16:48
★keiさん、こんにちは。国立科学博物館の展示、おもしろそうですね~
丁度今は、カーネーションですね。チューリップの時もあったんですね。見たかった・・・・。
「ひとはどうして、花をきれいだと思うんだろう?」って、ほんとうにそうですね。興味があります。
行けたらいきたいなぁ♪ 素敵な情報ありがとうございます。
 普段、なかなかクローズアップされることの少ないカーネーションですが、母の日は「主役」です。この花に込められた気持ちを考えると赤いカーネーションがとてもかわいく思えます。小さい子供がお小遣いをにぎりしめてお店にきたり、若い男の子が恥ずかしそうにお花を買いにきたり。やっぱりじんときます。
今は、いろんな色があって、なかなかオシャレになってきましたね。
<< 感謝の気持ちを込めて・・・ スープカップ フラワーアレンジメント >>