そろそろ あの季節です
c0085658_2014113.jpg先日、といっても2週間程前。さいたま新都心の某ホテルで行われた研修会へ出掛けました。
この会は、「花キューピット」が主催するもので、残り一ヶ月を切った母の日に向けて、花キューピットに加盟しているさいたま支部のお花屋さんが全員参加で、ミーティングをするというものです。
野の花屋は「花キューピット」の加盟店です
花キューピットとは、「遠くにいる大切なあの人へ」、「あの人が住んでいる近くのお花屋さんから」お花をお届けするという全国ネットワークです
遠く離れている人の元へ、お花とともに大切な心を届けたい・・・。

そして、もうじき母の日です。決して近くに暮らしているわけではない大切なお母さんへ。
日頃なかなか口にだしてはいえない感謝の気持ちを込めて、カーネーションやお花を贈ります。
そんな時、花キューピットが、とても便利なのです

さて。今年の母の日は5月13日。何年か前より、母の日が5月の第二日曜日と決まってから、母の日がランダムになりましたね。
そして。この母の日は花屋にとっては一年でベストワンの大切な、そして忙しい一日なのです。
と、いうわけで、毎年この研修会へ花屋が集まり、今年の新作のおすすめ商品の確認。そして実際に制作してみての確認等を行い、全国のお母さんのもとへ、きれいなお花を無事に届けることができるように、準備を始めていくのです。

 そう。「母の日」は、花屋にとってドキドキの一日です。
[PR]
by cafe-shibaken | 2007-04-13 17:29 | 野の花屋 | Comments(4)
Commented by bard at 2007-04-14 00:11 x
はじめまして
ちょこちょこお邪魔させてもらっていました。

私が以前、花屋でアルバイトしていたとき、「母」へのプレゼントで忘れられないことがあります。

クリスマス前後のこと。
「ポインセチア」を「花キューピッド」で頼まれた方からの、配達でした。季節的には、もう終わりに近い、ポインセチアでしたので、せっかくのプレゼントですが、長くは楽しめないのかな、なんて思いながら配達しました。

迎えてくれたのは、1人暮らしのおばあちゃん。

「遠くにいる、息子からのクリスマスプレゼントです。なにより、うれしいです。届けてくれて、ありがとう」と満面の笑みで受け取ってくれました。

あのときの、本当にうれしそうな笑顔は忘れることができません。

届けた私まで、クリスマスプレゼントを受け取ったような気持ちでした。

今度の母の日、母には何をプレゼントしようかな?
Commented by cafe-shibaken at 2007-04-14 17:55
★bardさん、はじめまして。素敵なエピソード、ありがとうございます。
 じ~んとしますね。花屋でよかったなぁ~って思う瞬間ですね。
 ほんとうは、送るご本人が直接渡すのが一番喜ばれると思うのですが、遠く離れているとなかなかそれもかないません。
 お花をお届けに行くと、ほとんどの方がほんとうに喜んでくださいます。
お礼まで言われます。お花を贈っているのは「送り主」様で、私たちはお届けしているだけなのですが、いつもほんとうに「得」した気分になるのです。こんなに笑顔で喜んでいただける職業って他になかなかないのではないでしょうか・・・。いつも、そんなことを考えて、幸せのおすそ分けをしてもらっています。
  bard さん、今年は何をプレゼントするんでしょうね♪
Commented by at 2007-04-15 23:41 x
2月に研修でお世話になった岡です。
いつもBLOGは読んでいるのですがコメントを書くのは何だか緊張します。

昨日、素敵な写真とお手紙届きました。すごく嬉しかったです。
ショッキングピンクと黄緑の花びらのお花はラナンキュラスですよね?
あんな不思議なラナンキュラス初めて見ました!!
わざわざ送っていただき、ありがとうございました。

私の働いているお店でも着々と母の日の準備が始まっています。
準備が進んでいくに連れてドキドキも増してきています。
不安だらけですが精一杯がんばりたいと思います。

それでは、またお手紙書きます♪

Commented by cafe-shibaken at 2007-04-16 09:49
★岡さん、こんにちは。ドキドキの初コメント、ありがとうございます。
 新しい環境はどうですか?少しずつ慣れてくるといいですね。
あの、変わったお花は、新種のラナンキュラスです。真ん中の緑部分がぼこっと、飛び出してきます。
 母の日、がんばりましょうね♪この日を終えるとまた少し成長できたかな?って思います。
 岡さんからのあったかいお手紙、楽しみにしてます。遠く離れているとお手紙って、やっぱりとってもうれしいもの。何度も読み返してしまいます。
<< April 一年 経ちました >>