たくさんあっても困らないもの
c0085658_1952812.jpg人それぞれ、集めているものや、好みがあると思う。
そして、人それぞれ、これは「いくらあっても困らない」というものがあるでしょう。

花屋のスタッフとして働くようになってからの必需品は「エプロン」。
カフェスタッフもきっと、エプロンは 「たくさんあっても困らない」と思う。
毎日使うものだから、それがお気に入りであれば なおうれしい。
毎日の仕事が、もっと楽しくなるからね。


fogのリネンの「エプロン」。黒と生成りが入荷しています。

さっそく、長めの丈の「ギャルソンエプロン」を買いました。
丈の短い「カフェエプロン」も入荷。
麻は何度も洗って使い込んでいくうちに、くたっと柔らかい風合いになって、なんともいい肌触りになる。
ぱりっとアイロンをかけて使ってもいいのでしょうが、私はこの くたくたした感じが好みです。

さて。
写真のエプロンは子供用の「Kids エプロン」。
こちらは ワッフル地のコットン製。
先月から、waterで布小物を扱わせていただいている作家さん
「drop」さんの手作りエプロンです。
 
dropさんが作る小物は、少し「お母さん」の気持ちが込められています。
やさしい風合いの手作りの布小物。
たとえば、小さなお子さんも ちくちく しないように・・・と布の素材を選んでいます。
たとえば、バックの角は丸い形になっている。これは、すみっこにたまりやすい ゴミやホコリのことを考えて・・・とのこと。
「なるほどね。」と聞けば納得の細部のディテールのしっかりとした小物たち。
ちょっとしたことで 使い心地の良さはぐんとあがる。
そして、きっとそういうものが自分のお気に入りのひとつへとなっていくのでしょうね。
[PR]
by cafe-shibaken | 2007-03-12 19:30 | 作家さんのこと | Comments(0)
<< forget me not あまいもの >>