ちょっと ぐらつきます。 シバケンができるまで-02
c0085658_21281641.jpg

野の花屋の向かいの一軒やが、建て替えすると聞きつけ、カフェにしたい!と思いついた安西さん。
思いついたことはすぐ!行動に移す安西さん。
カフェを作ることをその日のうちに決めました。

9年前の夏ごろ・・・・
お店にする気持ちはどんどんふくらんでいきます。
でも・・・。
なかなか契約が成立しません。

そこで安西さんは、まず椅子とテーブルを「作り」はじめました。

シバケンの白いテーブルたちは 安西さんの手作りなのです。

時々、ガタつく テーブルがあります。

ごめんなさい。

少しおおめにみてください・・・・
時々、手直しするのですが、もともとは安西さんの「手作り」なのです。
机とテーブル作りから、スタート。
(ちなみに、安西さんは元家具職人っていうわけでは ないようです)
 
[PR]
by cafe-shibaken | 2006-12-18 21:49 | shibakenができるまで・・・ | Comments(4)
Commented by kei at 2006-12-19 20:12 x
シバケンさんに こっそり通い始めて8年以上経ちます。
こうやって 最初のご苦労を聞かせてもらえるなんて 嬉しいな♪

契約が終わっていないけど心はカフェにと 忙しい中をいすとテーブルから作成してたんですね。
少しがたつく・・・それも私は シバケンさんならではの味だと思うんです。
手作りだからこそ味わえる心地よさが いいんです。

何度か改装中でお休みという時もあって どんな風に変わるんだろうって
ずっと前から いつもわくわくさせてもらっています。
それにしても りんごのタルトとチップスおいしそう~~!
Commented by ゆきだるま at 2006-12-20 01:07 x
こんにちは~お返事ありがとうございます。ともだちの店は、大宮でcafeを、やったのですが、今は事情があってヤメテしまいました。その頃、
オーナーさんに、「素人でもできますか?」と聞いたら、「できるよ!」と、
答えがかえってきたのを、励みにがんばったそうです・・・でもたいへんなご苦労があったんですネ!
Commented by cafe-shibaken at 2006-12-20 21:17
keiさんは、8年もシバケンのことを見守り続けてくれてるんですね・・・。ずっとずっと、通っていただけるなんて、ほんとうにすごく幸せなことだと思います。 シバケンに来ると、なんだか楽しい!なんだか癒される!、そんなカフェであり続けるように、これからもガンバりますね~♪
 そして!りんごのタルト、さっぱりとした甘さでりんごが煮てあって、おいしかったです!!!いつもあるわけではないようなので、見つけたらぜひ、食べてみてくださいね。
Commented by cafe-shibaken at 2006-12-20 21:23
ゆきだるまさん。大宮でカフェを始めた方のお話は、度々、がっちゃんから聞いています。一つのお店をずっと続けていくということは、ほんとうはとても大変なことなのだと思います。シバケンは、野の花屋というバックアップもあったので、続けることができたのではないかと思います。
でも、一度は夢を実現させて、お店をはじめてみたお友達は、すごいと思いますよ!
<< 三度 楽しむ りんごの季節 >>