エール
c0085658_17455194.jpg

店が無くなることをスタッフや友達に言えませんでした

無くなることが決まった時、寂しさと少しの安堵感が私にはありました。
誰かに相談するとその人が重くなるんじゃないかと思いました。

続ける?どこで?お金は?3店舗で?
私には選択肢が多く決めれなくなっていました。

駅に近い場所、病院の一角のいいところ、今のまめしばに近かい所・・・いい条件だってわかっているのに、迷う日々。


WATERをずっとやっていた子に見てもらった
[ときめかないんでしょ?」
「らしくないかもね?」
「公園が好きなんでしょ?」
「景色のいいとこで、コーヒー飲みたいんでしょ?」
そんな風に整理していった。

迷う私に彼からメールがきました。
「僕は良い店に場所は関係ないと思っています。
スタッフが一生懸命お店を守っている店。
味とか接客とかは必然的に後から付いてくる気がします。
夢のある店になってほしいです。
そして、お客さんにも夢を持たせられるような店になったら
良いですね。」


いい店にしたい!!







[PR]
by cafe-shibaken | 2016-05-22 18:34 | Comments(2)
Commented by momo9602chan at 2016-05-22 22:02
今日近くまで行ったので、見上げてみたらロールスクリーンのような物が窓に付いていましたね。
先日のブログの写真から変わっていました。

私たちもどんなお店になるのか楽しみにしています♪
ワクワクo(^o^)o
Commented by cafe-shibaken at 2016-05-23 11:39
★momo9602chanさん 工事の進み具合をブログアップは
馬場君がやってるんですが、彼も本業が忙しくて
なかなか合流できてないで見たいです。

昨日は電気屋さんが来てました。
<< 想いを「かたち」にするために。 カフェシバケンからのお知らせ >>