涙が止まらない
安西さんの古い友達が今日シバケンに訪ねて来てくれました。

「安西社長いますか?」って

一瞬ふざけてるのかなって思ったら、

安西さんが亡くなったことを知らないで
なんとなく会いたくなって25年ぶりに訪ねてきたということでした。

安西さんはもういないことを告げると
涙があふれ、一緒に泣いてしまいました。

生きていればこの方と同じ位になっているんだな・・・
私の心のなかにいる安西さんは若いななんて思いながら

お盆の不思議な一日を過ごしました。
[PR]
by cafe-shibaken | 2015-08-15 17:48 | やさしい人たち | Comments(0)
<< シバケンランチメニュー シバケンのロールケーキ >>