ラーメン屋のおばさん
隣町に昔からおばさん一人でやっているラーメン屋がある。
おばさんは、愛想が悪い

おばさんがオーダーミスで作ったナス炒め
ほかのお客さんに「良かったら食べる?」って聞いていた。

「はい、いただきます」って嬉しそうにお客さんは答えてた。
おばさんは、「まいど!」ってしっかりとっていた。

ある時カウンターに玉子がざるに入れて置いてあったので
「ゆで卵1個」って言ったら

「ゆで卵なんてメニューないよ」っておばさん

「これは?」って聞いたら。

「冷蔵庫に入らないから出してるだけ」と言った。

私もかなりの常連だけど、お金を払う時
普通数を確認するけど おばさんは透かしを確認してた。

ここのラーメンは世界一美味しいのでおばさんは許せる。
テレビにも雑誌にも載ったことないけど混むと
おばさんが大変だから秘密の店です。
[PR]
by cafe-shibaken | 2010-06-09 14:52 | ちょっとした毎日 | Comments(4)
Commented by ゆず at 2010-06-10 08:39 x
食べてみたい~でも勇気いる~ラーメン好きにとしては気になります!
おじさんじゃなくおばさんというのも気になります!
Commented by cafe-shibaken at 2010-06-10 19:19
★ゆずさん 確かに勇気がないと行けない店なんですよ。
最近根性なしで足が遠のいてます・・・。
Commented at 2010-06-11 17:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cafe-shibaken at 2010-06-12 15:31
★鍵コメさん、ご来店ありがとうございます。7月に作家さんのバック展を予定していますので、よろしかったらご来店お待ちしております♪
<< てぬぐいまつり 6・9~6・14のシバケンラン... >>